SEOライティングとは?初心者でも上位表示できる9つのコツを解説

目次

 

 

 

ウェブサイトを運営する企業は、アクセスアップのためSEO対策に取り組んでいます。いろいろな対策方法がありますが、特に重視されているのがSEOライティングです。一方で、

「SEOライティングが何かわからない」「どうやってSEOライティングで成果が出るのだろう」とお悩みの方がいるでしょう。

このページでは、初心者向けに、SEOライティングで上位表示できる9つのコツを解説します。

 

 

 

1.SEOライティングとは何か

 

SEOライティングとは、検索結果の上位に表示されやすい質の高い文章を書くことです。SEOライティングにより質の高い記事を量産すると、サイトやページへのアクセスが増え、ユーザーがファンになりアクセスが安定してきます。

普通の記事のライティングでは読みやすい文章を書くことが重視されますが、SEOライティングではSEOを意識した上位表示されやすい文章を書くことが大切です。

 

 

 

 

2.SEOライティングの目的

 

SEOライティングには、2つの目的があります。

(1)ユーザーのニーズを満たすコンテンツの作成

 

現在、検索エンジンの中で最大シェアを獲得しているGoogleは、ユーザーに役立つコンテンツを高く評価しています。そのためSEOライティングでは、ユーザーのニーズを満たすコンテンツ作成を目的としています。

(2)検索エンジンがわかりやすいコンテンツの作成

 

コンテンツを上位表示させるには、検索エンジンから高い評価を受ける必要があります。そのためには、検索エンジンがわかりやすいコンテンツを作成することが大切です。

 

 

3.SEOライティングの手順

 

 

SEOライティングのメインは文章を書くことですが、ただ何となく書いても質の高い文章は書けません。次のような手順で作業を進めていきましょう。

(1)ターゲットキーワードを選ぶ

 

SEOライティングはキーワードに沿って文章を書いていくので、キーワードの選定を初めにします。検索サジェストのキーワードから選定するのが、一番簡単な方法です。

サジェストキーワードは、メインのキーワードを検索窓に入力すると表示されます。例えば、「マウンテンバイク」というワードを入力すると、以下のようなサジェストキーワードが表示されます。

「マウンテンバイク安い」

「マウンテンバイク街乗り」

「マウンテンバイク初心者」

「マウンテンバイクジャイアント」

「マウンテンバイクフルサス」

「マウンテンバイクコース」

「マウンテンバイク中古」

「マウンテンバイクメーカー」

これらの中からサイトの目的にマッチするキーワードを選定します。

ただし、キーワードの検索ボリュームや上位表示されているライバルサイトのチェックを忘れずにしてください。

検索ボリュームが少ないとユーザーの需要があまりないキーワードと判断できるので、避けた方がいいでしょう。

また、「マウンテンバイク安い」というキーワードで上位表示されているサイトがECショップばかりだと、マウンテンバイクのコラムを書いても上位表示されにくい可能性があります。「マウンテンバイク安い」というキーワードは、マウンテンバイクを安く購入したいユーザーが検索しているからです。

ユーザーに役立つコンテンツを作成しても、キーワードの選択を間違うと上位表示の可能性が低下するので注意しましょう。

 

(2)コンテンツの構成を組み立てる

 

ターゲットキーワードを選んだら、コンテンツの構成を組み立てます。この作業はSEOライティングにおいて最も重要です。構成を組み立てる場合、選定したターゲットキーワードで上位表示されているサイトを参考にします。特に以下のことに注意しながら構成を組み立てましょう。

①ユーザーが検索する目的

②コンテンツの方向性

 

(3)コンテンツを作成する

 

構成が完成したらコンテンツの作成に取り掛かります。構成に従いさえすれば、どのように書いてもいいわけではなく、ユーザーや検索エンジンを意識した執筆をしていかなくてはなりません。執筆する際のコツについては、後ほど詳しく解説します。

 

(4)コンテンツを推敲する

 

コンテンツを書き終えたら完了というわけではなく、サイトへアップする前に推敲します。

推敲という言葉は難しく感じるかもしれませんが、以下の項目をチェックするだけです。

・タイトルで提示したことに対する内容が記載してあるか

・タイトル、見出し、コンテンツに一貫性があるか

・コピーコンテンツはないか

・引用部分を明示してあるか

・読者層に合わせた文章表現になっているか

・設定したペルソナのニーズにマッチした内容か

以上のことをチェックした後、第三者にチェックしてもらうといいでしょう。

 

4.SEOライティングで成果を出せる9つのコツ

 

 

SEOライティングで成果を出すには、ユーザーに役立ち検索エンジンに評価されるコンテンツを作成する必要があります。そのためには、次の9つのコツを参考にコンテンツを作成すること重要です。

 

(1)コンテンツの構成を作成する際のコツ

 

コンテンツの構成を作成する際、次の5つのことをしてください。

・本文の内容がわかるようにh2とh3の見出しを設定する

・見出しをユーザーの知りたい順番にする

・論理的で読みやすい順番に見出しを並べる

・ライバルサイトを参考にする

・上位表示されているサイトの情報をすべて含んだ構成を作成する

 

(2)ユーザーと検索エンジンを意識したコンテンツを作成する 

 

コンテンツを作成する際、ユーザーと検索エンジンを意識することが大切です。具体的には、次のことを意識しながらコンテンツを作成していきます。

①ユーザーの検索意図をカバーする

ユーザーが検索する意図をカバーするコンテンツを作成します。具体的には、次のことに留意してコンテンツを作成するといいでしょう。

・検索意図に従ってキーワードを選ぶ

・検索意図にマッチした情報を発信する

・ユーザーが次に気になる情報を予測してコンテンツを作成する

②E-A-Tを満たしたコンテンツを作成する

Googleが採用しているページ品質の評価指標であるE-A-Tを満たしたコンテンツを作成します。E-A-Tは、次の3つの指標のことです。

・Expertise(専門性) 

特定のジャンルの高度な専門的知識やスキルを有しており、その情報を発信しているかが重視されます。

・Authoritativeness(権威性)

サイトに信頼性がありブランドが構築されているか、サイト運営者が特定のジャンルのスペシャリストであると広く認知されているかが重視されます。これらの条件を満たしていると、質の高いサイトから被リンクを受けることが多く、評価基準として重要です。

・Trustworthiness(信頼性) 

サイトやページのユーザーから信頼があり、不安を感じることなく利用できることが重視されます。サイトで発信されている情報に正確性や妥当性があるかという指標で判断されます。

③独自性のあるコンテンツを作成する 

独自性のあるコンテンツを作成するとライバルサイトと差別化でき、Googleから高く評価されます。また、独自性のあるコンテンツは、長期間にわたって検索結果で上位表示される傾向があります。

では、どうすればコンテンツに独自性を持たせることができるのでしょうか。

ポイントは経験を元にコンテンツを作成することです。独自に調べた調査結果や体験談などでコンテンツを作成するといいでしょう。

 

(3)タイトル(titleタグ)設定のコツ

 

titleタグは検索結果に表示されるので、コンテンツの内容を表現した魅力的なタイトルテキストを設定しましょう。タイトルを最適化するコツは、次のとおりです。

・キーワードを左側に一つ含める

・28~35字以内のタイトルにする

・コンテンツの中身にマッチしたタイトルにする

・上位表示されているライバルサイトのタイトルを分析する

 

(4)descriptionメタタグ設定のコツ 

 

descriptionメタタグには、サイトの内容を検索エンジンに伝える機能があります。ユーザーの興味や関心を喚起し、問題を解決できると感じるようなdescriptionメタタグを設定することが重要です。descriptionメタタグ設定のコツは、次のようになります。

・130字以内にする

・メインキーワードを含める

・ユーザーが読みやすい文章で書く

・ページごとにオリジナルのdescriptionタグを設定する

 

(5)見出し(hタグ)を見やすくする 

 

 

見出し(hタグ)を見やすくすると、ユーザーがクリックして読んでくれる可能性が高まります。hタグはh1タグ~h6タグまであり、数字が大きくなると見出しは小さくなるので、目的により使い分けましょう。hタグの使い方のコツは、次のとおりです。

・h1タグにはメインキーワードを含める

・h2~h6タグで階層を作ってユーザーが読みやすくする

・一つのhタグに複数のキーワードを含めない

・無理にキーワードを含めない

 

(6)ユーザーが読みやすいライティングのコツ

 

検索エンジンはユーザーの読みやすいコンテンツを高く評価するため、SEOライティングではコンテンツの読みやすさが重視されています。ユーザーが読みやすいSEOライティングのコツは、次のとおりです。

①上位表示されている共起語を含める

共起語とは、あるキーワードといっしょに頻繁に使われる単語のことです。共起語を含めたコンテンツを作成しても直接SEO効果はありませんが、共起語によりカバーされる情報量が増えるためユーザーの満足度はアップします。その結果、検索エンジンから評価される可能性が高まるでしょう。

ただし、コンテンツに共起語を含める場合、上位表示されている単語を優先的に含めることが大切です。

②ロジカルライティングで文章を書く

ロジカルライティングとは、論理的でわかりやすい文章を書くことです。ユーザーにわかりやすい文章を書くと、Googleから高く評価されます。

また、読み手にこちらの意図を伝えることができ、ユーザーが書き手の意図した行動を取る可能性が高まります。

ロジカルライティングは、次の4つのステップで進めていきます。

・明確な目的を設定する

文章の読み手にどういう行動をとってほしいのか、どう思ってほしいのかなどの目的を設定します。

・目的達成のための構成を作成する

「問題」「問題の解決方法」「理由」「説明」「事例」「結論」の順番で構成を組み立てると、ユーザーが読みやすい文章になります。

・構成に従って書く

構成に肉付けしていくようなイメージで、文章を書きます。書き始めたら、途中で全体を見直したりせず一気に書き上げましょう。

・校正して仕上げる

書き上げた文章が構成のとおりに論理的かどうかをチェックして、不要な部分があれば削除します。最後に読み上げて流れのある文章になっているかをチェックしましょう。

③SEOライティングに最適な文字数

文字数はSEOに影響を与えません。ただし、キーワードにマッチしてユーザーが求めている良質なコンテンツを作成すると自然に文字数は増えます。上位表示されているページは、文字数が多い場合がほとんどです。

文字数にこだわるのではなく、ユーザーの検索意図を正確に分析して、ユーザーの知りたいことや疑問に対する回答となるコンテンツを作成しましょう。

④誤字脱字のない明快な文章 

Googleの言語認識能力の精度は高くなっているため、誤字脱字やわかりにくい表現があるとコンテンツが低評価を受ける可能性があります。誤字脱字のない明快な文章で表記しましょう。

表記については、次のことに注意しましょう。

・語尾の表記を「です・まず」あるいは「だ・である」のどちらかに統一する

・ら抜き言葉に気を付ける

・検索エンジンは代名詞を理解できないことがあるので使わないようにする

・不適切な表現や差別用語を使用しない

・正しい敬語を使う

・二重否定や受け身の表現はできるだけ使わない

⑤リストタグを使って箇条書きする 

箇条書きすると、ユーザーの目に留まり読まれる可能性が高まるので、できるだけ活用します。箇条書きにする場合、リストタグで表記すると検索結果で強調される可能性が高まるるのでおすすめです。

⑥数字を有効活用する

抽象的な表現を使わないで、具体的な数字で表現しましょう。抽象的な表現だとユーザーが理解できないことでも、具体的な数字で表現するとわかりやすくなるからです。例えば「大勢の人」よりも「100人くらいの人」の方が、イメージが伝わりやすくなります。

 

(7)alt属性を設定する

 

画像はSEOに与える影響はほとんどありませんが、画像を適切に使うとユーザーはコンテンツを理解しやすくなります。 

画像を使ってコンテンツの内容を理解しやすくするには、alt属性を設定する方法があります。alt属性とは、何を表現しているのかを画像に設定するhtmlのテキストのことです。

alt属性を設定すると、画像が表示されない場合にテキスト情報が表示されたり、音声読み上げブラウザに画像内容を伝えたりできます。

画像認識の技術が進歩しているとはいえ、検索エンジンはまだ完璧に画像を認識できません。そのため、画像が何を表しているのか、画像の内容を伝える記述が必要になるのです。

alt属性は、以下の「画像の説明」の部分へ記述します。

<img src=”画像のURL” alt=”画像の説明”>]

(8)校正と校閲によりユーザーが読みやすいコンテンツにする 

 

最終段階では、ユーザーが読みやすいコンテンツに仕上げるため校正と校閲をします。

①校正

校正とは、作成したコンテンツにミスがないか最終チェックすることです。校正は、次の項目をチェックします。

・誤字脱字

・不適切な表現

・差別的表現、用語

・難解な言葉

・数値の正確さ

②校閲

校閲とは、コンテンツに誤りや不備なところがないかチェックすることです。校閲は、次のような方法でするといいでしょう。

・音読する

・プリントアウトして確認する

(9)リライトしてコンテンツの質を高める

 

既にあるコンテンツを、ユーザーが読みやすく理解しやすく書き直しましょう。一度サイトへアップしても上位表示されないコンテンツをリライトすると、ユーザーから評価されてSEO効果が期待できることがあります。

リライトをする場合は、次のポイントに気を付けましょう。

①タイトル、導入、見出しがユーザーの興味を引くか

②ユーザーの検索意図をカバーできているか

③最新情報にアップデートされているか

④ターゲットにマッチしているか

⑤ライバルサイトとの差別化ができているか

⑥誤字脱字のチェック

 

 

 

 

まとめ

 

SEOライティングでは、ユーザーのことを第一に考えます。ユーザーの検索意図を分析し、ユーザーのニーズを満たすコンテンツを作成するのが基本です。コンテンツを作成する場合、ユーザーの知りたいことや疑問に対する回答となっているか、検索意図をすべてカバーしたコンテンツになっているかを意識します。

SEOライティングで成果を上げるのは簡単ではありませんが、正しい方法で取り組めば成果が出ます。社内で計画を立てて取り組んでみてください。

もし社内で取り組める人材や環境が整わないようでしたら、SEOライティングの専門会社へ依頼することをおすすめします。

 

 

関連記事