コンテンツマーケティングに不可欠なツールの種類を体系的に紹介

目次

ホワイトペーパー制作サービス

記事制作代行サービス

 

コンテンツマーケティングを効率よく進めるためには、さまざまなツールの活用が不可欠です。

また、「コンテンツの質の向上」「ユーザーの行動履歴の可視化」などでもさまざまなツールが必要になってきます。

一方で、「どこでどのようなツールを使えばよいのか分からない」

という方も少なくないようです。

ここでは、コンテンツマーケティングで必要なツールの種類を体系的にまとめ、使いどころや代表的なツールなどを紹介します。

 

1.コンテンツマーケティングにツールが必要な理由

 

現代のコンテンツマーケティングは、「ツールありき」と言っても過言ではありません。まずはその理由を整理します。

 

1.1.継続を容易にするため

 

コンテンツマーケティングは一朝一夕に結果が出るものではありません。

中長期にわたり継続的に取り組むことが成功の鍵です。

しかし、継続するためには膨大な労力と時間が必要になります。

一方で、リソースが無いために中断してしまうと、せっかく蓄積したコンテンツと労力が無駄になってしまいます。

投資を無駄にしないためにも、データの集計や可視化を自動化しながら継続しやすい環境を作ることが大切です。

 

1.2.コンテンツの質を向上させるため

 

ツール活用は、コンテンツの質にも影響してきます。

例えば、キーワードリサーチツールやトレンド分析ツールを使うことで、見込み客の潜在ニーズや興味関心についての理解を深めることができます。

また、ジャーニーとペルソナの精密度を高めるためにも、分析・リサーチの常態化は必須です。

 

1.3.社内リソースの削減

 

多くの企業で、コンテンツマーケティングの担当者は「専任」ではありません。

他の業務との兼任が一般的です。

そのため、どうしてもリソース不足に陥りやすいのが実情だと思います。

ツールを活用することで、作業の自動化や効率化が図れ、限られた人的リソースの中で高いパフォーマンスを発揮することができます。

例えば、コンテンツ制作は外注するにしても、その前段である上流の作業(テーマ策定のためのキーワード分析やニーズの把握など)は、ツールによる効率化が可能です。

 

2.コンテンツマーケティングにおけるツールの使いどころは?

 

次に、ツールを使うべきポイントを理解しておきましょう。

 

2.1.数値の把握、分析・解析などSEOの要素を含む部分

 

コンテンツマーケティングは本来、SEOとは全く異なる施策です。

ただし、現在は同時に取り組むケースがふえているため、コンテンツマーケティングでもSEO向けのツール活用が当たり前になっています。

コンテンツマーケティングとSEOの違いについてはこちらの記事も参照ください。

コンテンツマーケティングとSEOの違いとは?「集客」と「質」を両立する7つのポイント

 

SEOの要素を含む部分でツールを活用する目的は、膨大な量のデータを効率的に処理し、有意義な洞察を得ることです。

特に以下のような作業で役立つでしょう。

 

データの自動集計

 

手動でのデータ収集は時間がかかり、エラーのリスクも伴います。

ツールを使用すると、ウェブサイトのトラフィック、検索順位などの重要な指標を自動的に収集でき、時間の節約につながります。

 

詳細な分析

 

ツールを活用することで、自社メディアへのアクセスデータ解析や獲得キーワードの状況、キーワードごとの順位、検索流入と離脱率の計測など、SEO的な見地からパフォーマンスを計測できます。

SEOにおいて最もツールを活用するポイントであり、手動では不可能なレベルのデータが取得できます。

 

2.2.リサーチや競合分析などコンテンツ制作にかかわる部分

 

リサーチと競合分析は、SEOの範疇であると同時にコンテンツの質にかかわる部分でもあります。

この点もツールによる効率化が可能です。

 

上位記事の「穴」を見つける

 

一般的に競合分析は、他社コンテンツの順位や見出し構成などを把握する作業が大半です。

しかし、もっと重要な事柄として「情報の穴を見つける」という点が挙げられます。

情報の穴とは、端的に言えば「抜けや漏れ」「粒度の粗さ」です。

質の高いコンテンツの多くは、「独自の見解や解決策」「粒度が細かく具体性のある情報」を提供しています。

こうした情報がなくとも上位表示は可能ですが、離脱率が高く、コンバージョンしにくい記事になってしまいます。

ツールで上位記事の見出し構成を抽出し、「特に厚く解説すべき部分」「トピックが明らかに不足している部分」などを把握することで、長期的に評価されるコンテンツの制作が可能です。

 

市場トレンド、ニーズの把握

 

業界のトレンドや実務者のニーズを追跡するために、リサーチツールが役立ちます。

リサーチの方法は人によってさまざまですが、「業界別の統計情報を発信しているサイト」や「統計情報を豊富に取り扱うサイト」などをいくつかピックアップしておくとよいでしょう。

エンジニアリソースがある場合は、スクレイピングでリサーチを効率化する方法も有効です。

しかしスクレイピングは定量化されており、Web上に一般公開されているデータに強いということを覚えておきましょう。

BtoBのコンテンツマーケティングでは、ダウンロード資料など、スクレイピングの対象外とされるデータが多いです。

また、抽象的かつ定量化されていない情報も多分に含むため、スクレイピングの効力は限定的です。

 

2.3.配信、顧客行動の把握

 

コンテンツの配信と顧客行動の把握は、マーケティング活動の成果を測定し、改善するために重要です。

特に顧客行動の把握は、ツール無しでは不可能と言えるほど難しいものです。

 

顧客のインタラクション追跡

 

MA(マーケティングオートメーションツール)やCRMを使用することで、顧客の行動パターンや好みを詳細に追跡できます。

インタラクションが把握できれば、パーソナライズされたマーケティング活動を展開し、顧客が好むであろうコンテンツの内容を推測できます。

 

効果測定と改善

 

コンテンツのパフォーマンスを定量的に測定する場合にもツールを活用すべきです。

具体的には、PVやダウンロード数、リード獲得数、離脱率やCVRの測定などが挙げられます。

どのコンテンツが目標達成に寄与しているかを判断するためには、分析ツールが不可欠です。

ちなみにMAの中には、PDFコンテンツの読了状況を把握できるものもあります。

 

3.コンテンツマーケティングに必要なツールの種類

 

続いて、コンテンツマーケティングに必要なツールを見ていきましょう。

コンテンツマーケティングにまつわるツールは年々増えており、全体像を把握するだけでも一苦労です。

一般的によく知られているのは「キーワード分析」「アクセス解析」などですが、これらはSEO対策用のツールです。コンテンツSEOは事実上、コンテンツマーケティングの一部として扱われるため、もちろんこうしたツールも抑えておくべきでしょう。

しかし、それ以外にもさまざまなツールがあります。

コンテンツSEO コンテンツ制作 配信・顧客行動把握
・キーワード分析系

キーワードごとの需要(検索ボリューム)や変化率、競争状況(上位表示の難易度)を明らかにする。

・アクセス分析系

サイト訪問者の行動パターンや流入経路を追跡

・順位把握系

検索エンジンにおけるランキング状況を監視

・リサーチツール

市場動向、ニーズの把握、トレンドなどの把握

・文章校正ツール

文法ミスや誤字脱字を自動的に検出

・記事プランニングツール

タイトル、構成の効率化

・文書作成ツール

共同編集など

・文章校正ツール

文法ミスや誤字脱字を自動的に検出

・CMS(コンテンツ管理システム)

コンテンツの作成、管理、公開を一括して行う

・MA(マーケティングオートメーション)

顧客データの収集・分析、パーソナライズされたコミュニケーションの実行

・ABM(アカウントベースドマーケティング)

優良顧客になりうる企業を選別し、ターゲットが欲するであろうコンテンツを提供

 

3.1.コンテンツSEOに役立つツール

キーワード分析系

 

キーワード分析ツールは、キーワードごとの需要(検索ボリューム)や変化率、競争状況(上位表示の難易度)を明らかにします。

SEO戦略を立てる際の重要な判断基準を得られるほか、ロングテールキーワードの抽出にも役立ちます。

 

アクセス分析系

 

アクセス分析ツールは、サイト訪問者の行動パターンや流入経路を追跡し、そのデータを分析します。

近年はABM(アカウントベースドマーケティング)にも活用されており、普遍的なツールのひとつです。

 

順位把握系

 

順位把握ツールは、ウェブページの検索エンジンにおけるランキング状況を監視します。

キーワード分析やアクセス分析ツールと一体になっていることが多いため、どちらかを導入すれば自然に入手していることが多いでしょう。

 

3.2.コンテンツ制作に役立つツール

 

リサーチツール

 

リサーチツールは市場動向、ニーズの把握、トレンドなどの把握に役立ちます。

ただし、一般的なマーケター向けのリサーチツールをコンテンツマーケティングに応用することは難しいかもしれません。

どちらかといえば、特定の業界情報を発信するサイトや、Googleトレンドのような汎用化されたツールが適しています。

 

文章校正ツール

 

文章校正ツールは、文法ミスや誤字脱字を自動的に検出し、読みやすいコンテンツに整えるツールです。

可読性の高さや離脱率の低減に役立ち、なおかつコンテンツ制作スピードの向上にも役立ちます。

 

記事プランニングツール

 

記事プランニングツールは、位置づけがかなり難しいのですが、一般的には「記事のタイトル、見出し作成を効率よく進めるツール」と言えます。

ただし、コンテンツの質が重視される現在では、ツールによる記事プランニングの効力も限定的です。

ChatGPT(GPT4)など生成AIを活用し、書き手の知見を織り交ぜながらインプット/アウトプットを繰り返すことで、質と効率を両立することができます。

 

3.3.コンテンツ配信、顧客行動の把握に役立つツール

 

CMS (コンテンツ管理システム)

 

CMSは、コンテンツの作成、管理、公開を一括して行うためのツールです。

ユーザーフレンドリーなUIと柔軟なカスタマイズ機能により、非技術者でも容易にウェブコンテンツの管理を行うことができます。

また、フロントエンドとバックエンドが分離された「ヘッドレスCMS」であれば、コンテンツの中身だけを入れ替えながら配信先を変えることも可能です。

 

MA (マーケティングオートメーション)

 

MAは、マーケティング活動の自動化と効率化を実現するツールです。

顧客データの収集・分析、パーソナライズされたコミュニケーションの実行など、複雑なマーケティングプロセスをシンプルにします。

 

ABM(アカウントベースドマーケティング)

 

ABMは、特定のターゲットアカウント(企業)に焦点を当てたマーケティング活動を支援します。

優良顧客になりうる企業を選別し、ターゲットが欲するであろうコンテンツを提供する際に活用されます。

 

4.コンテンツマーケティングの代表的なツール

 

最後に、コンテンツマーケティングにおける代表的なツールを紹介します。

ツール選定時の参考にしてみてください。

 

4.1.SEOに役立つツール

 

ミエルカ

ミエルカ

SEO対策用の統合的なツールです。キーワードや競合分析のみならず、検索意図の判断や顧客行動の可視化にも役立ちます。

グラフィカルなインターフェースが特徴で、複雑で難解な顧客行動をすぐに可視化できる点が非常に優秀です。

 

パスカル

パスカル

こちらもSEO対策用の総合的なツールです。

自社記事の詳細なSEO分析や上位記事の分析、キーワードマップなど多彩な機能を搭載されています。

月額5万円〜と、導入しやすい価格設定です。

 

Googleトレンド

Googleトレンド

 

Googleトレンドは、特定のキーワードやトピックの検索傾向を時間経過と共に追跡できるツールです。

無料で使用できるツールとしてはかなり優秀で、トレンドやニーズの変化を把握するのに役立ちます。

 

サーチコンソール

サーチコンソール

 

Googleサーチコンソールは、Google検索におけるサイトのパフォーマンスを分析するためのツールです。

検索クエリ、ページの表示回数、クリック数など、ウェブサイトのトラフィックに関する重要なデータを提供します

 

ラッコキーワード

ラッコキーワード

 

ラッコキーワードは、キーワードリサーチと競合分析に特化したツールです。

ターゲットキーワードに関する詳細な情報や、競合サイトのキーワード戦略を分析するのに適しています。

また、近年はAIによるタイトル提案や記事見出し提案など記事プランニング機能も強化されました。

 

検索順位チェッカー

検索順位チェッカー

 

検索順位チェッカーは、特定のキーワードに対するウェブサイトの検索エンジン順位を追跡します。

SEO戦略の効果を測定し、必要な調整を行うのに役立つツールです。

 

4.2.コンテンツ制作に役立つツール

 

リサーチ系ツール

 

経済レポート専門ニュースkeizaireport.com

keizaireport.comは経済に特化したニュースサイトで、最新の経済情報やトレンドを提供します。

経済関連の話題が絡むコンテンツ制作における情報源として非常に有用です。

また、ICTに関するレポートも充実しており、BtoB製品・サービスの市場動向を効率的にリサーチする場合にも役立ちます。

 

Estat

Estatは、政府が公開している政府統計のデータベースです。

単に情報を抽出するだけではなく、独自の断面で整理する機能も備えています。

 

ChatGPT(GPT4限定)

ChatGPTは、自然言語処理を活用したAIツールで、文章の生成や質問への回答、アイデアの提案など多様な機能を提供します。

特に有料のGPT4版は無料版(GPT3)に比べて文章精製能力やリサーチ力が向上しており、リサーチから記事プランニングまで幅広く活用できます。

 

文章校正ツール

 

so-zou.jp(テキスト処理ツール)

さまざまなWebアプリケーションを開発・提供しているso-zou.jpのテキスト処理機能です。

日本語の文法や表現をチェックするツールです。無料で使うことができ、表記や表現音間違い、当て字や表外漢字の抽出、用法や表現のミスなどもチェックすることができます。

 

Press Term

NTT DATAが提供する校正支援ソフトです。

形態素解析エンジンを組み込んだ文章チェック機能が特徴で、「言葉の最小単位」まで分析して用法をチェックします。

 

4.3.配信、顧客行動の把握に役立つツール

 

CMS

 

ワードプレス

 

オープンソースのコンテンツ管理システムで、柔軟性と使いやすさが特徴です。

多くのプラグインやテーマにより、カスタマイズ性が高く、さまざまな種類のウェブサイトに適用できます。

 

Ferret One

中小企業向けに特化したCMSで、ウェブサイトの簡単な構築と管理が可能です。

直感的な操作性と高いカスタマイズ性を兼ね備えています。

 

MA(マーケティングオートメーション)

 

SHANON MARKETING PLATFORM

日本市場向けに設計されたMAツールで、メールマーケティング、リード管理、キャンペーン管理など幅広い機能を提供します。

 

List Finder

こちらも日本市場向けに設計されたMAです。中小〜大手まで幅広い企業に導入されています。

基本的なMA機能を搭載していることはもちろんのこと、オンライン上で配信したPDFに対して【いつ・誰が・何ページまで】閲覧したかを追える点が強みです。

 

ABMツール

 

Marketo

Marketoは、デジタルマーケティングにおけるABM戦略の実行を強化するためのツールです。

ターゲットアカウントの特定からパーソナライズされたコミュニケーションの実施まで、一連のプロセスをサポートします。

 

どこどこjp

日本国内の地域情報に特化したマーケティングツールで、地域ごとのマーケティング活動やローカルなターゲットに焦点を当てたコンテンツ制作に適しています。

 

4.まとめ

 

ここでは、コンテンツマーケティングの実践で役立つツールについて解説しました。

コンテンツマーケティングは本来、「コンテンツを通して売れる仕組みを作ること」が目的です。

しかし、近年は「検索上位表示による流入量アップ」という効果も期待されています。

このことからコンテンツマーケティング用のツール=SEOツールと誤解されることも少なくありません。

SEO対策ツールだけではなく、コンテンツ制作や配信・顧客行動の把握に役立つツールにも注目していきましょう。

 

ホワイトペーパー制作サービス

記事制作代行サービス

関連記事