コモディティ化とは?原因やコンテンツマーケティングによる対策を解説

目次

ホワイトペーパー制作サービス

記事制作代行サービス

 

市場が成熟するとともに製品やサービスがいわば【ありきたり】なものとなってしまうコモディティ化は、企業にとっては死活問題です。

コモディティ化の原因や問題点はどのようなところにあるのでしょうか。

また、解決する方法はあるのでしょうか。

本記事では、コモディティ化の定義やコモディティ化が発生する原因と主な解決策、取り組みやすい施策としてコンテンツマーケティングについて詳しく紹介します。

 

1.コモディティ化とは

 

コモディティ化とは、製品やサービスが市場で標準化され、ほとんどの競合と区別がつかなくなる現象のことです。

例えばスマートフォンはコモディティ化の代表例です。

ガラパゴスケータイが主流だった時代に登場したスマートフォンは画期的な製品として注目され、高価で特別な存在でしたが、今や多くのメーカーが当たり前のようにスマートフォンを製造・販売しており、製品ごとの差は年々小さくなっています。

ドコモとソフトバンク、auを思い浮かべてみて下さい。サービス内容や料金体系、扱っている機種まで、ほとんど同じに見えます。

コモディティ化は良いことなのか、悪いことなのか、どちらでしょうか?

答えは視点によって異なります。

社会という大きなくくりで見れば、新しい市場が標準化されることは、経済の活性化に繋がります。

消費者にとっても、低価格で便利な製品・サービスにアクセスできるという利点があります。

しかし一企業の立場にとってみれば、コモディティ化がもたらす問題点が複数あるのも事実です。詳しくはこの後の章で解説します。

 

2.コモディティ化が起こる原因

 

コモディティ化が起こる原因は、以下のようなものです。

 

市場の成熟

 

製品やサービスが広く普及し、消費者によく知られるようになると、市場は成熟します。この過程で製品間の差異が小さくなり、コモディティ化が進みます。

 

技術の標準化

 

特定の技術や製造方法が業界標準となると、製品の差異が減少します。競合他社も似たような製品を生産し始め、市場は均一化されます。

 

価格競争の激化

 

激しい価格競争は企業をコスト削減に駆り立て、製品の特徴や品質よりも価格を重視させます。

 

消費者の選択基準の変化

 

消費者が価格や基本的な機能を重視するようになることで、高度な機能やブランドイメージの重要性が低下します。

 

グローバル化

 

製品やサービスがグローバル市場に展開されると、より多くの競合が参入し、製品の均一化が加速する傾向があります。

 

これらの原因を見てみると、コモディティ化は製品・サービスが市場に受容されることとトレードオフのようにも感じられるでしょう。

実際のところ、一企業の力でコモディティ化を完全に食い止めるのは難しいと言えます。

 

3.コモデティ化の問題点

 

企業の製品・サービスがコモディティ化に陥ると、以下のような問題が発生します。

 

利益率の低下

 

コモディティ化した市場では価格競争が激しくなり、利益率が低下するリスクがあります。

 

イノベーションの減少

 

市場が均一化すると、新しい製品開発やイノベーションへの投資が減少し、長期的な成長が妨げられる可能性があります。

 

ブランド価値の低下

 

製品がコモディティ化すると、ブランドの独自性や価値を維持することが難しくなります。

 

市場の飽和

 

コモディティ化により市場が飽和状態になると、成長の機会が減少し、結果的に業界全体の発展が停滞する可能性があります。

 

顧客ロイヤルティの低下

 

似たり寄ったりの製品が多い市場では、顧客がブランドに忠実でいる理由が減少します。

 

利益率の低下やイノベーションの減少など、企業の存続においては致命的な問題があると言えます。

難しい問題ですが、やはり企業が長く繁栄するためにはコモディティ化に何らかの対策を講じなければいけません。

 

4.コモディティ化の解決方法

 

コモディティ化を解決する方法はあるのでしょうか。

確かに、一度成熟した市場を元に戻すことは不可能です。

しかし以下のような点に工夫すると、コモディティ化が企業にもたらす利益率の低下、ブランド価値の低下、顧客ロイヤルティの低下といった問題に立ち向かうことができます。

 

  • STP戦略を立てる、活用する
  • 価格戦略を見直す
  • 顧客との関係構築を強化する
  • 新製品やサービスを開発する

それぞれについて解説します。

 

4-1.STP戦略を立てる、活用する

 

STP戦略とは、マーケティング戦略の一つで、「セグメンテーション(Segmentation)」「ターゲティング(Targeting)」「ポジショニング(Positioning)」の3つのプロセスから成り立っています。

これらのプロセスを通じて、企業は市場を効率的に分析し、製品やサービスを提供するターゲット顧客を特定し、競合他社との差別化を図ることができます。

  1. セグメンテーション: 広範囲の市場を消費者のニーズ、特性、行動などに基づいて小さなグループに分割する
  2. ターゲティング: セグメンテーションのプロセスで特定された顧客グループの中から、最も魅力的でビジネスの目標に合致するセグメントを選択し、焦点を当てる
  3. ポジショニング: 選択したターゲット市場内で製品やブランドをどのように位置づけるかを決める

 

4-2.新製品やサービスを開発する

 

イノベーションはコモディティ化への対抗策の中核です。

新しい製品やサービスの開発は、市場に新たな価値を提供し、競合との差別化を可能にします。

これには、既存の製品の改良、新技術の導入、または全く新しいカテゴリーの製品の創出が含まれます。

イノベーションは、顧客に新しい選択肢を提供し、ブランドの魅力を高めます。

 

4-3.価格戦略を見直す

 

価格戦略の見直しもコモディティ化に対する重要なアプローチです。

現在よりさらに価格を下げてコストリーダーとして市場に挑むというのも戦略の一つですが、自社の体力的にそれは現実的ではないというケースも多々あるでしょう。

その場合、価格を上げてあえてプレミアムブランドとしてのポジションを狙うのも一つの手です。

価格以外にも、割引、ロイヤルティプログラム(複数回利用するほどお得になる仕組み)、バンドル販売(複数個まとめての購入でお得になる仕組み)など、価格周辺の戦略を工夫することが重要です。

 

4-4.顧客との関係構築を強化する

 

顧客との強い関係を築くことで、企業はコモディティ化の影響を緩和できます。

これには、優れたカスタマーサービス、パーソナライズされたコミュニケーション、顧客の声に基づく製品改良などが含まれます。

顧客ロイヤルティを高めることで、価格競争のみに依存しない持続可能なビジネスモデルを構築できます。

 

5.コモディティ化の解消に役立つコンテンツマーケティングとは

 

コモディティ化の解決方法を4つ紹介しましたが、実際のところそれぞれ難易度が異なります。

例えばSTP戦略は有効な手段ですが、取り組んでみると自社が優位に立てるセグメントやポジションが見つからないことがあります。

新製品やサービスの開発は、せっかく自社の製品・サービスが受け入れられた市場から脱却して新しい市場に挑むことになり、それはチャンスである反面大きなリスクも伴います。

また価格戦略の見直しも、現在の経営状況次第では難しいことがあるでしょう。

そこで、比較的どの企業も取り組みやすいものとして、【顧客との関係構築強化を第一歩にする】ことをおすすめします。

さまざまな関係構築の方法がある中で、現在主流となっているのが「コンテンツマーケティング」です。

コンテンツマーケティングとは、顧客の関心を引くコンテンツを作成・配信し、関係を築くマーケティング手法です。

具体的に解説していきます。

 

5-1.コンテンツマーケティングがコモディティ化の解消に役立つ理由

 

コンテンツマーケティングがコモディティ化の解消に役立つ主な理由は、独自の価値提案を通じて製品やサービスを差別化し、顧客との深い関係を築くことにあります。

コモディティ化された市場では、製品やサービスの機能や価格がどこも似たり寄ったりで顧客が選択する基準が限られてしまいますが、以下の点で役立ちます。

 

ブランドの独自性強化

 

質の高い、関連性のあるコンテンツを提供することで、ブランドの独自の声と価値観を伝え、他の競合とは異なる独自の立場を築きます。

 

顧客との関係構築

 

教育的・啓蒙的なコンテンツは、必ずしも自社の製品やサービスの売り込みに直結しなくとも、顧客との信頼関係を築き、ロイヤルティを高めることに繋がります。

これにより、単なる製品の機能性だけでなく、ブランドに対する信頼や好意に基づいた選択を促します。

 

顧客のニーズと関心に対応

 

コンテンツマーケティングにより、顧客の関心やニーズに直接応えるコンテンツを提供することができます。

これは、製品やサービスを単なる商品ではなく、顧客の問題を解決する手段【または「顧客の問題の解決策」】として位置づけることを可能にします。

 

市場における知識リーダーシップの確立

 

専門知識や業界に関する深い洞察を共有することで、ブランドをその分野の権威として確立します。

これにより、競合他社との差別化を図り、コモディティ化からの脱却を実現します。

 

SEO(検索エンジン最適化)との相乗効果

 

有益で関連性の高いコンテンツは、検索エンジンでの可視性を高めます。

これにより、潜在顧客が自社の製品やサービスを見つけやすくなり、ブランドの認知度と差別化が促進されます。

 

コンテンツマーケティングはコモディティ化に有効

 

コンテンツマーケティングが製品やサービスの機能的な側面を超えて顧客との関係を深め、コモディティ化の課題を克服する強力な手段であることをお分かりいただけたでしょうか。

例えば営業担当やサポートデスクのコミュニケーションの質も顧客との関係構築に大きく影響しますが、それらはある程度属人性があり完全な均一化は難しいこと、またリソースの問題から全ての顧客に同じ量・質のサポートを提供できるわけではないというデメリットがあります。

その点、コンテンツマーケティングはマス的なアプローチであることから、潜在層〜顕在層のどのフェーズの顧客に対しても関係構築に繋げられる施策です。

取り組んでおいて損はないと言えるでしょう。

 

5-2.どのようなコンテンツを配信すべきか?

 

コンテンツをどのような形式で届けるべきなのか、その種類はさまざまあります。

以下はBtoB企業におけるコンテンツマーケティング手法の代表例です。

 

ホワイトペーパー

 

業界知識や調査レポートなど、有益な情報を分かりやすく数ページにまとめた資料を配布します。

自社のWebサイトや外部メディアに設置し、ダウンロードと引き換えに顧客のリード情報(個人情報)を取得します。

 

記事/コラム

 

特定のテーマに関して解説する記事をWebサイト上に公開します。

誰でもアクセスできるため広範囲にリーチできます。

SEOの観点からも有効で、Webサイトへの定期的なトラフィックを促進します。

 

メールマガジン

 

新製品の紹介、業界の最新ニュース、専門的な知識やアドバイス、限定オファーやイベントの案内などさまざまな内容を通じて、読者に継続的な価値を提供することができます。

オウンドメディアに掲載した記事やホワイトペーパーを顧客のフェーズに応じてメール配信することも有効です。

 

セミナー/ウェビナー

 

リアルタイムまたは録画されたプレゼンテーションを通じて、特定のトピックについて深く掘り下げます。

複雑で情報量の多い内容を、要点を押さえて伝えたい時や、ナーチャリングの後半に向いています。

 

動画

 

動画には、文章よりも理解促進に繋がる、ユーザーがいつでも見られるといった利点があります。

例えば既存顧客に向けたチュートリアルやガイドを動画コンテンツとすることで、自社への信頼度アップに繋がります。

こちらもナーチャリングの後半に有効です。

コンテンツマーケティングの種類については以下の記事でも詳しく説明していますので、是非ご覧ください。

コンテンツマーケティングの種類とは?種類別の使いどころやジャーニー例を解説

 

6.コンテンツマーケティングのユースケース

 

コモディティ化対策としてコンテンツマーケティングを行う場合、どのようなコンテンツが有効でしょうか。

挙げるべき具体例は業界によっても大きく異なりますので、ここではIT企業の事例をいくつか紹介します。

 

ツールのチュートリアルとガイド

 

ソフトウェア開発のプラットフォームGitHubは、新しいプログラミング言語やツールを学ぶための詳細なチュートリアルやガイドを提供しています。

これにより、開発者コミュニティに価値を提供し、プラットフォームの使用を促進しています。

 

クラウドサービスのベストプラクティス紹介

 

クラウドコンピューティングサービスを提供する大手企業のAWSは、クラウドインフラを構築、管理するためのベストプラクティスを紹介する豊富なブログ記事、ホワイトペーパー、ケーススタディを公開しています。

これらのコンテンツは、顧客がAWSのサービスをより効果的に使用するための洞察と学習を提供します。

 

セキュリティに関する教育的ウェビナー

 

SymantecやMcAfeeのようなセキュリティソフトウェア企業は、サイバーセキュリティのトレンド、脅威、対策に関するウェビナーやオンライントレーニングを定期的に開催しています。

これらの教育的コンテンツは、顧客が自社のセキュリティ対策を強化するのを助けるとともに、企業の専門知識の高さを示します。

 

データ分析ツールのインタラクティブデモ

 

TableauやPower BIのようなデータビジュアライゼーションツールの提供企業は、製品のインタラクティブデモやオンライン体験版を提供しています。

これらのデモを通じて、顧客は実際にツールを試用し、その強力な機能と使いやすさを体験することができます。

 

AIと機械学習の研究論文とブログ

 

Google DeepMindやOpenAIは、AIと機械学習の最先端というポジショニングを維持するため、研究成果を定期的に公開しています。

これらの研究論文やブログ記事は、技術コミュニティ内での議論を促進し、企業のイノベーションへの貢献を示しています。

 

7.まとめ

 

この記事では、コモディティ化の問題点や対策方法についてお伝えしました。

コモディティ化の対策はさまざまありますが、まずはリスクの少ない顧客との関係構築強化に取り組むことをおすすめします。

その中でもコンテンツマーケティングは、複数の種類やコンテンツの切り口があり、どのような企業であっても何かしら取り組みやすい手法だと言えます。

本記事を参考にしながら是非取り組んでみてください。

 

ホワイトペーパー制作サービス

記事制作代行サービス

関連記事