コンテンツマーケティングの種類とは?種類別の使いどころやジャーニー例を解説

目次

ホワイトペーパー制作サービス

記事制作代行サービス

 

コンテンツマーケティングは、さまざまな種類のコンテンツを駆使しながら、受注や問い合わせにつなげる仕組みを作り上げていく施策です。

マーケティング施策の中ではポピュラーな存在になっているものの、

「コンテンツを一通り作成してみたが、成果がでない」といった課題がよく聞かれます。

コンテンツが一通りそろっているにも関わらず成果が出ない理由は、「コンテンツの種類と活用方法」がマッチしていない可能性が高いでしょう。

ここでは、コンテンツマーケティングで使われるコンテンツの種類や活用方法、配信の例などについて詳しく解説します。

 

1.コンテンツの種類の前に、コンテンツマーケティングの定義を再確認

 

コンテンツの種類を解説する前に、コンテンツマーケティングの定義を再認識しておきましょう。

コンテンツマーケティングで成果が出ていないのであれば、それは定義の認識も間違っている可能性があります。

正しく理解することで、目的に対しての適切な手段がそもそもコンテンツマーケティングではなかったと分かることもよくあります。

 

コンテンツマーケティングで扱われるコンテンツ=「有益な情報の塊」

 

マーケティング領域でのコンテンツとは、主にオウンドメディアに掲載されるコラムやホワイトペーパー、ユースケース集や事例集、動画などを指します。

こうしたコンテンツを活用して行うマーケティングが「コンテンツマーケティング」です。

さらにコンテンツマーケティングは、デジタルマーケティングの一種でもあり、SEO対策と共に進められるケースが増えています。

このことから、「コンテンツマーケティング=SEO」「デジタルマーケティング=コンテンツマーケティング」という誤った認識を持つ方も少なくありません。

厳密にいえばこれらは全く別の施策であり、その関係性は下記のように整理できます。

 

コンテンツマーケティングとSEOの違い

 

まず、マーケティングの一種としてデジタルマーケティングがあり、さらにデジタルマーケティングのひとつとしてコンテンツマーケティングやSEOがある、というのが実態に近い考え方です。

また、ウェビナーやプレスリリース、SNS運用をコンテンツマーケティングの一環とする見方もあります。

たしかに間違いではないのですが、これらは営業や広報の側面が強く、狭義のコンテンツマーケティングからは除いて考えたほうが理解しやすいでしょう。

 

2. コンテンツマーケティングにおける5種類のコンテンツ

 

コンテンツマーケティングで活用される代表的なコンテンツは、以下の5種類があります。

ここでは、それぞれのコンテンツについて詳しく解説します。

 

種類 記事コンテンツ ホワイトぺーパー 事例・インタビュー 動画コンテンツ LP
特徴 コンテンツSEOの主軸でもあり、比較的低予算で集客効果が見込める。 テキストとインフォグラフィックを織り交ぜながら訴求力を高める。

情報の質、量ともに高い水準が求められる。

「自社独自の解決方法」を具体的に提示できるため、納得感を高めやすい。

「課題→施策→効果」というストーリーを提示できるため訴求力も高い。

ウェビナー、セミナーの編集動画や製品紹介動画など。

認知負荷が低く、視覚的な訴求効果も強い。

製品・サービスの魅力を「一枚絵」のように見せる。

記事コンテンツよりも意思決定を促す効果が高い。

 

2.1.記事コンテンツ

 

記事コンテンツは、端的に言えば「テキスト主体のコンテンツ」の総称です。

BtoBでよく使われるのは「トレンド解説記事」「ノウハウ紹介記事」「導入事例」などで、内容によって役割が異なります。

記事コンテンツについてはこちらの記事もご覧ください。

 

 

記事コンテンツは、コンテンツSEOの主軸でもあり、比較的低予算で集客効果が見込めるツールです。

ただし、「SEOキーワードが散りばめられた長い記事を公開すればPVが上がる」という時代は終わっており、近年は質が重視されています。

したがって、以前に比べると制作難易度が上がっており、検索順位の維持も難化傾向にあります。

 

記事コンテンツの効果

 

記事コンテンツの効果は多岐にわたり、「認知拡大」「興味関心の喚起」「リード獲得」「ナーチャリング」などが期待できます。

ただし、BtoBでは意思決定プロセスが複雑であることから、Web上にアップした記事のみで成果につなげることは難しいのが実情です。

意思決定を促すコンテンツ(ホワイトペーパーやダウンロード資料)を別途作成し、これらへの導線として活用すると良いでしょう。

 

記事コンテンツの使いどころ

 

潜在層、準顕在層、顕在層、明確層の顧客すべてに対して訴求力を持たせることができます。

「課題を把握していない潜在顧客」に対してはノウハウや事例紹介で気づきを促し、「競合他社との比較をしたい顕在層」に対してはホワイトペーパーで訴求する、といった使い方が想定されます。

 

2.2.ホワイトペーパー

 

ホワイトペーパーは、ダウンロード形式の資料型コンテンツであり、テキストとインフォグラフィックや図形、図表を織り交ぜながら視覚的にも分かりやすく情報を提供して訴求力を高めることが特徴です。

Web上に公開される記事コンテンツに比べると情報の質、量ともに高い水準が求められます。

 

ホワイトペーパーの効果

 

一般的にはリード獲得、ナーチャリングがメインです。

ダウンロードの条件としてメールアドレスや所属企業の情報などを求めることでリード獲得が進むほか、定期的に配信することで情報源としての信頼性も増していくでしょう。

課題解決と製品紹介をメインにしたホワイトペーパーであれば、意思決定を後押しする効果もあります。

 

ホワイトペーパーの使いどころ

 

主に準顕在層や顕在層、明確層へのアピールのために使われます。

ダウンロードという手間をかけてでも情報が欲しい層は「既に自社の課題やニーズを把握しており、より詳しい検討材料が欲しい層」であると推測できるからです。

ただし、ただ掲載しているだけではダウンロードされにくいため、より読者の懐に入り込んだ部分でダウンロードを促す工夫が必要になるでしょう。

 

コンテンツマーケティングの現場では、PVが多いWeb記事の末尾にダウンロードリンクを配置する、LPのCTA部分に配置する、メルマガにダウンロードリンクを配置するといった施策が一般的です。

ホワイトペーパーの種類については、こちらの記事でも解説しています。

ホワイトペーパーの種類

 

2.3.事例、インタビュー

 

導入事例やインタビュー記事は記事コンテンツの一種です。

ただし、他の記事コンテンツのように一般論を中心とした内容ではなく、「自社独自の解決方法」を具体的に提示できるため、納得感を高めやすいことが特徴です。

また、現場の目線で、かつ人物や時系列がはっきりした状態で「課題→施策→効果」というストーリーを提示できることも強みです。

 

事例、インタビューの効果

 

事例やインタビューは、認知拡大、興味関心の喚起、リード獲得、ナーチャリングなどさまざまな効果が期待できます。

コンテンツ作り方にもよりますが、ホワイトペーパーへの導線として配置するとより効果的です。

 

事例、インタビューの使いどころ

 

特定の課題を認識していて、解決方法やツールを探している「顕在層」や「明確層」を意識して制作します。

具体的な活用方法としては、「ホワイトペーパーへの導線」「製品特設サイトへの誘導」「問い合わせ画面への誘導」などが主流です。

近年は、あえてWeb上に公開せず、MA(マーケティングオートメーション)ツールから既存顧客向けに直接配信して問い合わせにつなげるといった使い方も増えてきました。

 

事例やインタビューの内容は、必ずしも検索キーワードと一致しません。

そのため、検索エンジンで無理に上位表示を狙うよりも、ターゲットやペルソナを絞りつつ、ピンポイントで配信したほうが効果を得やすいことが多いでしょう。

 

2.4.動画コンテンツ

 

コロナ禍を経て一気に一般化した「ウェビナー」や、通常のオフラインセミナー、製品紹介などを動画として編集したコンテンツです。

記事コンテンツよりも認知負荷が低く、視覚的な訴求効果も強いことが特徴です。

近年は、Youtubeなど無料動画プラットフォームの普及によって、非常に汎用性の高いコンテンツになりました。

また、公開形式をクローズドにすることで希少性の高い情報源としてアピールすることもできます。

 

動画コンテンツの効果

 

動画コンテンツの主な効果はナーチャリングです。

一定以上の時間拘束が発生するというコンテンツの性質上、「もともと興味を持っている層」が対象になります。

 

動画コンテンツの使いどころ

 

準顕在層、顕在層に対する訴求(明確層へのステップアップ)を狙った使い方が主流です。

具体的には、SNSや記事コンテンツからの流入をより深く、強くするといったために使用されることが多いでしょう。

「スライド」と「スピーチ用テキスト」という2つのコンテンツを制作するため手間はかかりますが、社内資料の転用や応用で制作可能なことも多く、パターン化することで制作コストの圧縮が可能です。

 

2.5.LP(ランディングページ)

 

LPは広告の一種ですが、コンテンツマーケティングでも用いられます。

キャッチコピーやイラスト、写真、インフォグラフィックを駆使することで、製品・サービスの魅力を「一枚絵」のように見せることが特徴です。

また、適切に制作されたLPは、記事コンテンツよりも意思決定を促す効果が高くなります。

ちなみにBtoBでは、読み物や統計としての性質を併せ持つ「記事LP(テキストの割合が多いLP)」が用いられることもあります。

 

LPの効果

 

問い合わせ数のアップなど、自社に対して何らかのアクションを起こしてもらう効果が期待できます。

BtoBは、BtoCのように「閲覧者=意思決定者」ではありません。

そのため、LPの内容も「購入・契約」ではなく「問い合わせ」をゴールにしたものが一般的です。

 

LPの使いどころ

 

準顕在層や顕在層、明確層に向けて製品・サービスの魅力を直接的にアピールする際に使用されます。

Web広告の着地点として使用されるほか、トレンドキーワードからの流入を狙ってオウンドメディアに配置する、特設サイトのトップページに配置するなど、つかい方はさまざまです。

 

3.コンテンツマーケティングにおけるコンテンツ活用の勘所

 

コンテンツマーケティングでは、これらさまざまな種類のコンテンツを組み合わせながら施策を設計していきます。

ただし、いくらコンテンツが優秀であっても、活用方法に合理性がなければ成果は生まれません。

そこで、実際にコンテンツを活用する際の勘所を紹介します。

 

3.1.ジャーニーの設計でコンテンツ活用の流れをつかむ

 

コンテンツマーケティングで最も重要なのが「ジャーニー」の設計です。

ジャーニーとは、「ユーザーの認識の変化」を連続的にとらえたものです。

コンテンツマーケティングでは主に以下2つのジャーニーを意識します。

 

①カスタマージャーニー

 

カスタマージャーニーとは、認知から意思決定までのユーザー体験をまとめたものです。

マーケティングでは想定する顧客を「ペルソナ」として設定しますが、カスタマージャーニーでは、このペルソナが辿るであろう認識や体験を旅のように表現します。

カスタマージャーニーを設計することで「その時点でペルソナが考えていること、欲していること」に合わせたコンテンツの配置が可能になり、成果につなげやすくなります。

 

②サーチジャーニー

 

サーチジャーニーとは、検索キーワードベースで認識変化を捉えたものです。

SEOを意識したコンテツマーケティング(コンテンツSEO)では、ペルソナの検索意図を把握し、意図に即したコンテンツ配信を続けることで成果に結びつきやすくなります。

 

3.2.コンテンツ単体の品質を高めつつ「バランス」も考慮する

 

コンテンツマーケティングは、単体で成果を目指すものではなく、複数のコンテンツを組み合わせながら行います。

また、組み合わせでは「情報の粒度や濃度」と「コンテンツの種類」を考慮します。

例えば、Web上にアップした記事コンテンツでは一般論を述べつつ、個別の具体的な解決法についてはホワイトペーパーに落とすなど、同一のテーマを異なる粒度・濃度で見せることを意識しましょう。

読者の中で情報が体系化され、信頼感や納得感を高めることが可能だからです。

こうした組み合わせによるアピールでは、コンテンツ単体の品質はもとより、「どのコンテンツで、何について、どのくらい述べるか」といったバランス感覚も求められます。

 

3.3.配信されるコンテンツの役割を理解する

 

上記のバランスに関連して、コンテンツの役割を理解することも大切です。

ノウハウ解説記事では「認知拡大と興味関心の喚起」、導入事例では「リード獲得」など明確に役割を設定し、ジャーニーに沿って配信することでナーチャリング効果が高まるからです。

特に露出以外の効果を狙う場合には、コンテンツの役割と配信タイミングの把握が必須になるでしょう。

 

3.4.探って固める「バタフライサーキット」を意識する

 

バタフライサーキットとは、検索ユーザーの検索行動を蝶の動きになぞらえた考え方です。

検索ユーザーの多くは、「情報を集める(さぐる)」「確かめる(固める)」という行動を連続的に往復しており、これを繰り返すことで意思決定を行います。

効果的なコンテンツ活用のためには「メディア内のコンテンツをいかに周回させるか」という視点で、内部リンクの貼り方やサイト構造の見直しを行いましょう。

 

4.コンテンツ配信の例

 

最後に、コンテンツの配信の例を紹介します。

ここでは紹介するのは、「2024年問題」というテーマ対するペルソナとカスタマージャーニーを設定し、自社製品(クラウドサービス)への問い合わせにつなげるための例です。

 

ペルソナ

 

まず以下のようにペルソナを設定します。

・事業会社の物流部門社員。30代中盤以降の男性。

・ロジスティクス全体を管轄する部署に異動して4年程度

・ITシステム開発職の経験はない

・部署内では委託先の運送業者やドライバーの配車業務を管理する立場にある

・2024年問題の到来による人手不足対策の立案を任されている

 

カスタマージャーニーの例

 

 

次にカスタマージャーニーを設計します。

カスタマージャーニーは、カスタマージャーニーマップとして表形式にまとめると、ペルソナの意識変化がはっきりします。

また、コンテンツマーケティングではSEOも考慮し、検索キーワードの変遷も同時にまとめておくと配信計画が立てやすくなるでしょう。

 

ジャーニーに従ったコンテンツ配信の例

 

さらに、ジャーニーに沿ってコンテンツの配信計画を作成します。

カスタマージャーニーの例②

 

上の図では、記事コンテンツを全てのフェーズ使用し、フェーズの境目の部分にホワイトペーパーやLPを織り交ぜることで問い合わせ数の増加も狙っています。

SEOによる露出効果や競合の知名度などによってコンテンツの活用方法は変わるため、いくつかのパターンを作成してテストを重ね、効果を比較してみる方法もおすすめです。

 

5.まとめ

 

ここでは、コンテンツマーケティングの種類と、コンテンツの活用方法などについて解説してきました。

コンテンツマーケティングで使用されるコンテンツは主に5種類であり、それぞれに明確な役割があります。

この役割とジャーニーを照らし合わせ、適切に配信してくことがコンテンツマーケティングの成功につながるでしょう。

まずはペルソナとジャーニー、テーマ選定をしっかりと行い、コンテンツマーケティングの方向性を定めましょう。

ただし、ジャーニーの設計とコンテンツ制作にはノウハウとリソースが必要です。

もし社内にリソースがない場合は、外部企業への委託も検討してみてください。

 

ホワイトペーパー制作サービス

記事制作代行サービス

関連記事